読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7金シンドローム

アナログゲームとかデジタルゲームとかそういうの

一度は触れようリリカリオン

f:id:more_iyan:20160321125823j:plain

 そういえば、TECH GIANは購入したことのない@more_iyanです。こんばんわ。

 今回は2012年に頒布された、『リリカリオン』について書こうと思います。
 
 
ゲーム紹介
 ゲームタイトル:リリカリオン
 ゲームデザイン:おおはら
 イラストレーション:トモショウ
 プレイ人数:2−4人
 プレイ時間:約20分
 製作(出版):翠屋本舗
 
 
 マニュアルにも記載されているように、ベースとなったゲームの元となる作品はスティーブ・フィンの『ビブリオス』です。ゲームの流れ自体も、ほぼ同じ。
 では、リリカリオンはビブリオスの劣化ゲーなのかと問われると、私ははっきりと「劣化ゲーではなく、オリジナルを超える要素や楽しみ方はいくつもあるよ」と答えます。
 もちろん、ビブリオスも(3人プレイでは特に)充分なくらいに楽しいのですが、リリカリオンでより楽しめる要素を、具体的に、オリジナル(ビブリオス)と比べながら紹介しようと思います。
 
 あっちは聖書、こっちはハート
 まずは見た目でもはっきりとわかる違いで、世界観。
 あっち(ビブリオス)は、厳かに聖書を構成する染料やお金をゲーム中に集めます。
 こっち(リリカリオン)は、和やかにヒロインがもち合わせる好感度や魔法をゲーム中に集めます。
 かたや聖書、かたやヒロイン。
 この世界観の違いようこそ、もっとフォーミーたる所以の一つであり、最大のそれでもあります。
 萌え系テーマな事で距離を置く方もいらっしゃるかな、という点も承知の上ですが、『ときめきメモリアル』をシリーズ累計1500時間以上もプレイしている人間にとっては、聖書作りよりも彼女作りに惹かれてしまうのです。ええ。
 
 サマリー1つで2つのメリット
 続いてコンポーネント
 ビブリオスでは、いわゆる勝利点をダイスの目で表すのですが、リリカリオンではこれらも全てカードで表します。この点は、圧縮のしやすさ、パッとゲームを目にした時のユニークさで一長一短かな、とも思います。
 ところが。リリカリオンがより素晴らしいのは、『勝利点カードが、ゲーム中に使用されるカードサマリーも兼ねている』という点です。もう少し詳しく書くと、ヒロイン(勝利点)のカードそのものに、獲得のために関わるカードの内訳が書かれています。
 利点は2つ。
 1つは、インストの際ヒロイン(勝利点)のカードを見せることで、関わるカードの種類や内訳をわかりやすく説明できる点です。
 もう1つは、ヒロインのカードは終始テーブルの上に置かれているので、内訳の確認が容易である点です。
 ヒロインは計6人ゲーム中に存在する中で、ルール上、「どのヒロインを狙い、どれ程のマジョリティを押さえておくか」が重要なので、いつでもカードの内訳を確認できる事は非常にありがたいのです。
 
 お金から魔法へ、魔法から勝利へ
 次はルール。
 リリカリオンはビブリオスのルールからいくつかのアレンジが加えられています。最たるものが、『お金』と『魔法』の違いです。
 両者とも、ゲームの流れは、「ドラフトを利用して手札と競り札を各プレイヤーで作る。その後、作った手札を資源に競り札を獲得し、勝利点を手に入れられるような手札へと整えていく」です。ものすごくざっくりと書くと、こんな感じでしょうか。
 ビブリオスでは、競りに出されたカードは基本的にお金カードで競り落とします。そして、最終的に手札に残ったままのお金カードは、何の得点源にもなりません。
 一方、お金カードではなく魔法カードを使うリリカリオンでも、競りに基本的には魔法カードを用います。ところが、リリカリオンでは最終的に手札に残った魔法カードでも、ヒロインを獲得できる。つまり、得点源になるのです。
 たったこれだけのアレンジでも、宝の持ち腐れ感がぐっと薄らぎ、より多くの思惑の絡みがルールによって生み出されています。
 
 かわいい世界とやさしいビッド
 最後はプレイフィール。
 アートワークはもちろん、競りでのルール周りも、リリカリオンの方が”やさしい”です。
 釣り上げ、ブラフも込み込みのシビアな競りが好みであれば、断然ビブリオスをお勧め致します。
 リリカリオンでは、競りに関してはかなりシンプルなルールです。極端な書き方をすると、ビッドかパスかの一周競り。このくらいにまで易しい方が、世界観の優しさとも相まっていて、好みです。
 
 最後に
 いろいろつらつらと書きましたが、実のところ、私自身はリリカリオンのベースとなるテーマの『リリカルなのは』をよく知りません(コミケの度に、『なのは完売』のネタツイートがTLで流れるのと、『とらハ』本作はどうなってんの? ってくらいの知りようです)。
 そんな人間でもリリカリオンは楽しめるので、世界観がお嫌いでなければ、是非。
 また、リリカリオンもビブリオスがあってこそ、今現在頒布されているものだとも思います。再販を待ち焦がれなくて済むよう、在庫が流通している今こそビブリオスも、是非。
 どちらも、ドラフトと競りをコンパクトな時間とコンポーネントで遊びたい際にお勧めです。