読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7金シンドローム

アナログゲームとかデジタルゲームとかそういうの

"雨傘アンブランス"を遊んでみました。

どうも。無精髭を伸ばしつつ少女漫画を読んでる@more_iyanです。ええ、残念です。


そんな残念マンがゲームマーケット2014秋で出に入れた、qujiraLab. の"雨傘アンブランス"。
コンパクトな大きさ(バイスクルとかのトランプ箱を2つ積んだくらいの大きさです)と、ポップな箱絵です。
f:id:more_iyan:20150125142256p:plain


と、箱の裏面や側面を見回して気になった点が。
ボードゲームではおなじみの、いつものアイコン(プレイ人数・プレイ時間・対象年齢を表すアイコン)が見当たらない。
ゲームに支障をきたす、って訳ではないのですが、おなじみのアイコンが書かれていない事にどことなく不安にも。
必須なものでもないので、無くてもまぁいいや、って心境ですが。

f:id:more_iyan:20150125142636p:plain

で、開封。ルールブックと、トークンと、カード。
ルールブックはシンプルで。
トークンはハート型。かわいいです。
そして、カード。手にとった瞬間に分かるくらいの高品質。
厚くて硬くてツヤツヤです。スリーブに入れる必要ないんじゃないかってくらい。(ちなみに、サイズはいわゆるTCGサイズです。枚数は22枚)
習慣づいてしまっているので、私はスリーブに入れてます。

f:id:more_iyan:20150125143007p:plain

実際のプレイ風景。
天気を予想し、プレイヤーがそれぞれ持ち物1つずつを手にして登校。
下校時の天気で、相性度が高まるか、はたまた風邪を引いてしまうかが決まります。
学生同士の恋はえてして奥手です。相談は禁止。ヒントが欲しければアイコンタクトで何とかしましょう。

あうんの呼吸が求められるゲームですが、頼りになるのは天気予報カード。晴れるか降るかで下校時に使う持ち物が大きく変わるので、ありがたい情報です。

いろんな人と何度かプレイしたのですが、何を選べばよいのか最も迷ってしまう(最も濃いラウンド)は、1ラウンド目。
この結果次第で、いろんなゲームを経験してきた人同士だと、次々と相性度が高まると思います。

対して、あまりゲームに慣れていない人同士でも、数ラウンドの内に、ひらめきのような感覚が生まれると思います。
頭の上で豆電球がピコーンと光る、みたいな。


さらに特筆すべきは、アートワーク。
箱絵に男女が描かれているだけで、カードにはモノと天気とアイコンだけ。
萌え萌えしいのもバタ臭いアートワークが苦手な人にも安心です。

ポジティブにバッティングを狙うゲーム(勝手に名付けるならば、マッチング系ゲーム)だと、「かたろーぐ」がいわばライバルかと思いますが、あちらとの違いは、テーマを選択するか否か。
「少コミで見たことがあるかのような、あんなテーマで誰かと遊びたい!」って方には雨傘アンブランスを強くお勧め致します。
頒布価格も1000円とお手頃です。


今すぐお求めの際は、メロンブックスでも委託されているようです。(2015/01/25現在)